はじめに

脱ハゲフロント画像700×200

脱ハゲ道場とは

脱ハゲ道場とは薄毛の原因や対策、改善方法などを様々な角度からの情報をテーマにして情報を発信しています。
その結果 薄毛や脱毛症などで悩んでいる方の【髪】【頭皮】【健康状態】【心】全てにおいて改善していくことを目的としているサイトです。

髪はなぜ薄くなる

髪が薄くなる原因は多数あります。年代や性別なども大きく関係しているので一概には言えませんが、薄毛の原因で一番多いのは男性型脱毛症(AGA)です。
(AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症という意味です)

男性型脱毛症(だんせいがただつもうしょう)とは成人男性によくみられる生え際の後退や頭頂部の髪が薄くなる状態です。
男性型脱毛症の主な原因としては遺伝や男性ホルモンの影響が大きく関わっています。

髪型イラスト2

遺伝や男性ホルモンは、なかなか自分でコントロールする事はできません。しかし、髪が薄くなる脱毛の原因というのは遺伝や男性ホルモンだけではありません。脱毛の予防、髪の毛の改善には正しい生活習慣を身につける事がとても大事です。自分の脱毛、薄毛の原因をしっかりと把握して、間違ったヘアケア方法や生活習慣を見直していく事がとても大事です。

抜け毛はハゲる前兆のサイン

昨日までフサフサだった髪の毛が、ある日 突然すべて抜け落ちてしまうという事はありません。

多くの人は 最近なんとなく髪が薄くなってきたかな?と感じて鏡などで自分の頭皮をチェックするのではないでしょうか。
自分で髪が薄くなったような違和感を感じた時は脱毛が進行しているケースが多いと言えます。できる事ならば もっと早い段階で自分の頭皮や髪の健康状態に気づくべきです。髪が抜け落ちて薄毛になってからヘアケアなどの対策をするよりも、髪が抜けおちる前の状態でヘアケアをして脱毛をおこさない予防をすべきです。

脱毛が始まる初期の段階は抜け毛が増えます。ここで一つ注意してほしい事は抜ける本数は個人差があり、幅広いということです。
そもそも髪の毛の本数というのも人によって大きく違います。もともとの毛量が多い人は抜け毛も多いのが当たり前ですし、毛量が少ない人は抜け毛も少ないのが当たり前です。なので、1日平均で100本~200本ほど髪が抜ける人もいれば、10本~20本ほどしか抜けない人もいるわけです。

大事なのはいつもの抜け毛の本数よりも多く感じた時です。そのような状態が一時的ではなく、一週間、二週間と続くようだと要注意です。
脱毛が少しずつ進行して、気づいた時にはハゲてしまっていたという事態を避けなければいけません。

薄毛を改善する方法

髪が抜けて薄毛になってしまった場合 1日も早く昔のようなフサフサとした髪に戻りたいと思うでしょう。
薄毛を改善する方法も多様化してきているので、自分がどのような毛髪改善手段を選択すれば良いのかを知っておく必要があります。
一般的に知られている毛髪改善手段を説明します。

育毛

育毛というのは おそらく1番 耳にしたことのある言葉ではないでしょうか?育毛とは基本的に、今 生えている髪の健康を維持する毛髪改善手段です。育毛をすれば髪がフサフサと生えてくるとイメージしている人もいるかもしれませんが、育毛とは今の頭皮や髪の状態を健康な状態にキープするというものです。頭皮環境や髪を正常な状態に整えるので、今まで多かった抜け毛が落ち着いてきたり、細かった髪の毛が太くなったりして、髪が生えてきたように感じる場合もありますが、育毛に過大な期待をしてはいけません。育毛は予防や初期の脱毛段階の人に有効な毛髪改善手段といえます。また、育毛のやり方も専門の毛髪クリニックでの施術から自宅での育毛剤などを使用したケアなど、幅広いやり方がある事も特徴です。

発毛

発毛とは、髪がない脱毛部から髪を生やす事です。発毛剤を使用したり、発毛サロンクリニックなどに行き自分の髪の毛を生やします。ハゲている人にとって自分の髪がフサフサと復活することは最大の目標だと思います。発毛をして髪が生えて一件落着となればよいのですが、数多く発毛剤は取り扱われていますし、数多く発毛サロンも存在します。どれを選んでも満足のいく発毛効果が得られるかというと現実は違います。発毛剤を購入しても効果が感じられなかったり、発毛サロンに行っても髪が生えてこないというケースもあります。また、黒々とした太い髪が
全体に生えるケースと細い産毛が少し生えるケースでは、互いに発毛はしていますが結果に雲泥の差があります。発毛をして昔のように髪がフサフサと復活した人もたくさんいますが、効果を感じられなかったという人が大勢いるのも事実です。発毛は年齢や脱毛状況などによって、改善する期間や改善する結果に個人差があります。

カツラ、ウイッグ

カツラはハゲを隠す手段としては昔からあります。脱毛部に人工的な髪を被せて脱毛部をカバーします。また最近ではカツラではなくウイッグという表現をする事もあります。カツラは自分の望むヘアスタイルを完全に再現できます。育毛や発毛と違って被ればすぐに自分の求めているヘアスタイルになれるので、時間や個人差といった心配はありません。しかし、不自然なカツラだとバレてしまうという問題や日常生活において、髪をひっぱられたり、髪をさわられたりという事からは逃れなくてはなりません。見た目の自然さが一番のポイントになります。

植毛

植毛とは頭皮に髪を植えこんでいく医療行為です。人工の髪を植えこんでいく方法と、自分の後頭部などの髪を移植する方法があります。植毛は1本1本植えていくので、カツラやウイッグよりも自然な仕上がりが期待できます。人工毛植毛は植えた分だけ髪が増えるので髪のボリュームも再現しやすいのですが、抜けた分だけ植えたしていかなければなりません。自毛植毛は自分の髪が移植できる分だけ増やせます。また、髪が抜けても また生えてくるので人工毛植毛と違い植えたさなくても大丈夫です。

関連記事 pickup
生え際の髪も自由自在に増やせる!!植毛の魅力とは!

増毛

増毛は自分の髪の毛に人工毛を結びつけて、髪のボリュームをだします。1本の自分の髪の毛に複数本の人工毛をつけていくので、つけた本数だけ髪が増えます。また、自分の髪に結びつけているので仕上がりも自然です。ただし、増毛をするには自毛がある程度ないとできませんので脱毛が進行して自毛が少ない場合は増毛はできません。

関連記事 pickup
髪の密度を1日で濃くする方法

ハゲるのは成人男性だけではない

ハゲというと男性が歳をとるごとに危険性が高まるイメージがあります。脱毛の原因でもある男性型脱毛症は男性ホルモンや老化などが関与して脱毛を引き起こすので男性が歳を重ねるごとに脱毛の危険性が高まるのは事実ともいえます。しかし、最近では女性のハゲも急上昇しています。女性はハゲないなどと思っていたら大間違いです。さらに、男女ともに若い世代でのハゲも多いです。中学生や高校生といった若い年代で早くも薄毛に悩まされてる人も多いです。本来、女性や若い年代の人が薄毛になるというのは非常に稀なケースです。しかし、現実的には女性や若い年代の人で薄毛やハゲで悩んでいる人は少なくありません。このようなケースで多いのは頭皮や髪にたいして脱毛を引き起こすような事をしているという事です。どんなに薄毛やハゲになりずらい環境でも頭皮や髪を傷めつけるような事をしていたらハゲます。日常生活において何気ない事が頭皮や髪を苦しめている場合があります。そのような積み重ねが脱毛を促進させてしまうのです。

女性のハゲ

男性型脱毛症(AGA)によって男性は脱毛を引き起こしますが、女性も女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれる脱毛症によって薄毛を引き起こします。基本的に女性は女性ホルモンの分泌が多いので薄毛にはなりにくいです。しかし、加齢やストレスなどの原因で女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンの影響をうけて脱毛を引き起こします。女性男性型脱毛症(FAGA)は加齢によって引き起こされる事が多いのですが、強いストレスやダイエットなどによる食事制限など、加齢でなくてもホルモンバランスを崩し脱毛してしまうケースもあります。
また、女性の薄毛は男性よりも深刻です。男性の薄毛は割合的にも珍しくありませんが、女性の薄毛は男性よりも珍しいので注目を集めてしまいます。若ければ若いほど尚更です。
女性も加齢などによって老化現象として薄毛になります。しかし、加齢などが原因ではない脱毛や薄毛の方も大勢います。正しいヘアケアの知識を身につける事がとても大事になります。

若年性でのハゲ

脱毛や薄毛というのは基本的に年齢を重ねるごとに現れてきます。脱毛や薄毛は老化現象でもあるので、避けられない部分もあります。しかし、10代や20代といった若いときからハゲてしまう人もいます。女性のハゲと同じく若年性のハゲはとても深刻な悩みだと思います。若い時期は就職や恋愛、結婚といった今後の人生を左右する大イベントも多くあると思いますが、その大事な時期にハゲてしまっていることによって、就職や恋愛などに積極的になれないという人が大勢いるのも現実です。若くして薄毛やハゲになった場合に、親や祖父がハゲているから自分も遺伝でハゲてしまったと感じている人も多いのですが、そんなことはありません。確かに脱毛などの原因の1つに遺伝というものはありますが、遺伝によって脱毛しやすい人と脱毛しにくい人の違いです。実際に家系的にハゲが多くてもハゲてない人もいますし、家系的にハゲがいなくても、頭皮や髪を傷めつけるようなことを繰り返していればハゲます。若年性での薄毛で悩んでいる人の大多数は遺伝などではなく、他の原因で脱毛を誘発させています。若年性の薄毛は大袈裟かもしれませんが、その後の人生にも大きく影響を及ぼします。若いときからハゲないように、しっかりとしたヘアケアの方法を知っておく必要があります。すでに薄毛になってしまっている人は一日も早く健康な髪を取り戻す為に正しい改善方法をこのサイトで学んで下さい。

関連記事 pickup
【M字ハゲ】生え際が後退している「中学生」「高校生」原因と対策

脱毛予防、薄毛の改善はシャンプーがとても大事

脱毛を予防したい、薄毛を改善したいと思った時に皆さんは何から始めますか?人によっては育毛剤を使用したり、食事を改善したり、タバコやお酒を控えたりと様々です。しかし、髪の改善をするにはシャンプーをしっかりと正しい知識とやり方で行うのが必要不可欠です。
シャンプーにおいて注意してほしいポイントは意外と多くあります。洗い方やシャンプーのすすぎ方なども大事なポイントです。しかし1番注意してほしい事は「自分にあったシャンプーを使う事」です。逆に言えば自分にあったシャンプーを使っていないと脱毛を引き起こし薄毛になる危険性が一気に高まります。本来シャンプーは頭皮を清潔に保ち、毛穴の汚れを落とし、健康な頭皮や髪を育てるのに絶対に必要な行為なのですが、自分にあっていないシャンプーを使用し続ける事によって、頭皮が炎症をおこしたり、皮脂の分泌が多くなったり脱毛を促進する原因になります。実際に自分にあわないシャンプーを使い続けたせいで脱毛を引き起こし薄毛になってしまった人は大勢います。

まず絶対に自分で把握してほしい事が頭皮の状態です。これは大雑把でもよいので自分の頭皮が【乾燥している頭皮】【脂性の頭皮】【どちらともいえない普通の頭皮】のどれに当てはまるのかを把握して下さい。乾燥している頭皮の人が洗浄力の高いシャンプーを使用するのは良いとは言えませんし、脂性の頭皮の人がオイル系の油分などが多く含まれたシャンプーを使用するのもオススメできません。

シャンプーは毎日する事なのでとても大事です。正しいやり方をしていれば頭皮や髪の健康状態も日に日に良くなっていきますが、間違ったやり方をしていると日に日に脱毛が進行してハゲてしまいます。自分の頭皮や髪の状態をしっかりと把握して正しいヘアケアのやり方をこのサイトで知って下さい。

更新日:

Copyright© 脱ハゲ道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.